ドレミパイプで「大きな古時計」

ホーム / アーカイブ / その他 / ドレミパイプで「大きな古時計」

毎週水曜日は病院で音楽セッションをしています。

コーラスをメインに行うのですが、今日は滝廉太郎の「花」と松任谷由実の「春よ、来い」、中島みゆき「糸」を歌って、後半は「ドレミパイプ」を使って大きな古時計を演奏しました。

「ドレミパイプ」
長さの異なる樹脂製のパイプで、ブームワッカーとも言い、ハンドベルのような感覚で結構楽しいです!

これを極めると、こんな演奏もできます!

お手製のドレミパイプ用楽譜!

Wordで図形を入れて作りますが、神経質な性格が出て矢印キーを使ってきれいに揃うように配置するのが疲れました。笑